有名な人ならパブリックイメージを変える。そうすれば「自分の写真」になり得る。

皆さまこんにちは。

 

先日ですが、

IMG_2894

IMG_2895

9月にあるナプラ浜松でのセミナーでモデルをやって頂く予定の横田亜美さんと撮影しました。

 

パッとみた感じ、

 

「オレっぽくねえ」と思いますでしょ。すごく綺麗で、女の子感たっぷり、甘いフェミニン。

 

そう、苦手ジャンルです笑

 

しかしそれがパブリックイメージなのであれば、それを変えて、なおかつ写真として成立させれば、その写真は圧倒的に「自分の写真」になります。

 

そのためにはポージングも全て指示して、完全に撮影をコントロールしなければいけません。モデルさんがポーズをとるたびにシャッターを押していたら、モデルさんに撮らされているだけ。

それこそ誰でもできてしまいます。

 

変なこと(タブーを)やれば(例えばモデルに絶対逆立ちさせるとか)そりゃ自分の写真になるのですが、現代アートの作家でもないので、そういうアウトサイダーな方法ではなくて、ちゃんと成立させなければいけません。

 

銀杏並木の道にあるたくさんの落ち葉のような、ぱっと見では差がわからない美容師さんのinstagramのアカウントがたくさんある中で、

10112404

「自分」を見つけてもらうには「上手い」「可愛い」だけでは難しい気がしています。

名称未設定-19

うーーんうーーんと考えている中で、「身体が柔らかい」という事実を発見しました。

名称未設定-30

と、いうわけで、軟体を生かしたポージングを次々指示させてもらいました。

名称未設定-32

うまくパブリックイメージではない横田を撮れたかな。

名称未設定-37

実際初めましてだったのですが、なんかずっと前から知ってたんじゃないかくらい息が合うというか、、すごくいい方でした。

 

というわけで浜松のセミナーお楽しみに!

 

one love.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中