プリントや展示の知識が全くない美容師が写真展に写真を展示するまでの備忘録

おはようございます。

 

タイトルの通りではありますが、2017年4月6日(木)~4月15日(土)にかけて、

六本木のIMA CONCEPT STOREにて写真を展示させて頂いておりました。

 

はっきり言って、「写真を展示する」ということをなめてました。でかくプリントして飾ればいいんでしょ、的な。

ものすごく後悔しました。今ではおでこにでっかく「後悔」と書かれているガーゴイル的なやつに手足を食いちぎられる夢を見ます。

 

さて、それでも色々な人の協力により、なんとか敵前逃亡せずやりきりました。

その中で気づいたこと、大切なこと、次に繋げるために忘れてはいけないこと。

そんなことを書いていこうと思います。

1、写真を選ぶ

まずこれをしなければ話になりません。

が、

めっちゃ時間かかります。あれもこれも、、、となりがちです。

S__21372964

もちろんもっといっぱいあって、多分3、40枚くらいをまず2Lにプリントして眺めます。

ひたすら。

僕の写真はほぼ「女子が写っている写真」なので、セレクトを間違えると、特にあのギャラリーでは浮きまくること必至です。

 

色々相談させて頂いて2枚飾ることなったのですが、

行かれた方はご存知かと思いますが、僕が飾った写真は一枚です。

なぜそうなったか、、

この先に答えがあります。

 

2、選んだ写真のサイズ、額を選ぶ

さて、どの写真を見せるか、も大事ですが、

「どのように見せるか」

これまた大事。

うちの近くにあってたまに遊びに行くコスモスインターナショナルにてプリントの相談。

 

ちなみに、僕の写真は基本的にフィルムで、しかもハーフサイズカメラというもので撮っています。

 

フルサイズが32mmですね。僕が使っているのは32mmに2枚写真が入るので、1枚16mm以下になります。

S__21372948

で、このフィルムをそのままデジカメのマクロで撮って、

S__21372945S__21372944

こういう風に仕上げてたりします。

(これはポジフィルムですが、今回プリントするのはネガです。分かりやすいから例としてポジを載せました。)

 

今回は裁ち落としで額装にしたいので、そうすると14mmくらいのサイズになるのですが、

「限りなくでかくプリントしてほしい」とお願いしました。

一番大きいのがA1だと言うので、じゃあそれで、って感じで。

 

額は浴槽で撮っている写真なので、白い額か、透明感がある写真なのでアクリルか、、この時はまだ選べませんでした。

 

そしてネガスキャンをお願いしたのですが、

S__21372963

とにかく、色が変わりまくります。

 

何度もなんども試し刷りしたものの、「嫌です」「ダメです」の繰り返し。

 

3、スキャンとプリント

 

そして次なる手。

 

A1(594×841)に耐えうるサイズでスキャンのみ、スキャンに定評のあるところでやってはどうか、と。そして色味などは僕が自分でそのデータを調整して、データのみ渡してプリントしてもらうという、、

 

めんどくさ!!!笑

 

しかしここでこだわれなければやっている意味すらありません。

 

スキャンは代官山のEASTWESTでやってもらいました。

 

ちなみに、この時点で搬入期日は4日後です。テンパり。

 

「すぐやってくれ」それしか言うセリフはありませんでした。見事次の日の夕方には出来上がっておりました。

ちなみに、一枚のネガのスキャンのみで7000円くらいでした。高いよね。でも満足。

 

そしてすぐそのスキャンデータを夜な夜な色の調整。できたところで、ファイル便で先ほどのコスモスさんへぶん投げます。

 

もうこの時点でアクリル加工は完全に間に合いません。写真は出来上がってませんでしたが、A1サイズの白い額を購入。

ネットでないとうというところで購入しました。

 

そして搬入の当日、恐る恐るコスモスさんへ、、

S__21372961

いい感じ!仕上がっている!!そして、このようなことをやっていたら、もう一枚の写真のことをすっかり忘れていました笑

 

4、設置

そしてそのまま額に入れて設置へ。

S__21372960S__21372959S__21372955

寂しい!笑  やはりもう一枚必要でした、、

 

しかしなんとかギリギリでした。プリント終わって額に入れたのが設置の一時間前。へろへろでしたね。

 

5、会期中

本当はもっと顔を出したかったのですが、なかなか時間が、、

 

S__21372958S__21372957S__21372951S__21372952S__21372953S__21372954S__21372956S__21372950S__21372949

皆様の写真の素晴らしいこと。かっこいい。自分はハーフのネガをでかく引き伸ばすという難しさがあったとはいえ、一枚の写真にてんてこ舞い。展示方法なんか考える余裕もなかったのが本音です。

 

しかしながら本当に良い勉強になりました。

 

S__21372940S__21372943S__21372942

モデルになってもらったのうみと、仲の良いクリスティーナ。来てくれてありがとう。

 

6、打ち上げ

ここから非常に楽しかった打ち上げですが、一緒に参加した志村くんの恋のアドバイスをしつつ、ひたすら親さんがいじりまくる会でした。

S__21372947

僕が日本で一番かっこいいと思っている男、鈴木親さん。

 

僕のような素人の質問にもしっかり答えてくれて、大事なことをたくさん教えて頂きました。そして一緒にワークショップに参加したフォトグラファーの方とも友達になって、髪を切りに来てくれたり、昨日は一緒に京都グラフィーに行ったり。

 

意外と「美容師だから」とか意識しているのって自分だったりして、仲良くなったフォトグラファーの人たちは、対等な目で見てくれるし、話してくれる。みんなバリバリ仕事してる人ばかりだけど、このワークショップを契機にもっと活躍されるんじゃないかな。

 

僕もスタジオでのライティングはもう最高に勉強になったし、ずっと使える考え方とテクニックです。

 

本当にいい経験をさせてもらいました。

サロンを早く上がらせてもらって、ワークショップを受けさせてくれたサロンのみんなに改めて感謝します。

S__21372939S__21372938

 

one love.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中