私的で詩的な写真集

こんにちは。フィルムと一緒に巻き取られて現像に出されたい新田です。

さて、先日自宅に

img_0466img_2111

ロンドンからお荷物が。

 

中身は

img_7621

真っ白な本。

 

こちらは

Lina Scheynius リナ・シェイニウス

という方の自費出版の写真集です。

 

毎回限定1000部で発売されるのですが、海外のサイトでちょこちょこチェックしながら、情報が出たらソッコー予約。英語の勉強になります。

img_4531

今回は9冊目。

ちなみにこの写真家の方は、

cap

 

水原希子さんが炎上騒ぎになったこの写真を撮った方。(ちなみにこれは本人ではないのですが、、)

 

「下品」「気持ち悪い」と批判があり、それに対して「これは芸術」と反論し、炎上したという騒ぎ。

ニュースになってましたね。

 

「写ってるもの」に着目したらそうなのかもしれないけど、「一枚の絵」としてみたらすごく綺麗。でも写真をそういう風に見れる人は少ない気がします。どうしても「写ってるもの、ひと」が気になるものです。

 

いっつもチェックしてる可愛いモデルがちょっと尖ったアート寄りの写真を発表すると批判が殺到、、(偶然韻踏んだ)

でもその写真を気に入ってみんなに見てもらいたい、と思ったその人の気持ちとかも考えるといいのでは?と思います。

 

ま、それはそれとして、ちょこっと紹介します。

img_6609img_2892img_1754

ちょっとエロティックで湿った感じなのです、基本。その中に多重露光や花の写真が効いてます。

 

これは下品な表現でしょうか?僕は非常に綺麗だと思うし、この写真家の大ファンです。

 

今回の写真集もとっても素敵でした。ありがとう。

 

one love.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中