画素数に惑わされるのはやめて、とにかくいっぱい撮るのが一番の上達の道。

こんにちは。

 

皆様はカメラを買うときに「画素数」を気にする派ですか?気にしませんか?

 

もし気にする方は、「画素数はでかければでかいほど良い」と思っておりませんか??

 

実は、むしろ画素数は低い方がいい、、、という考え方もあるのです。

 

今世界で一番使われているカメラ、iphoneを例えにお話しさせて頂きます。

 

iphone7のカメラの画素数は1200万画素です。

 

ちなみにこの撮像素子はソニー製の1/2.3型といわれるもので、一般的なコンパクトデジカメと同じ大きさのものです。

 

そして、Xperia XZのカメラは、同じ1/2.3型ですが、2300画素です。

 

同じソニー製の撮像素子を使って、なんでわざわざappleは画素数を下げるのでしょうか、、、

 

製品にめちゃめちゃこだわるapple。むしろそこは「もっとでかい画素数の作れやー!!」となりそうなもの。常に革新的なものをつくるappleだもん。

 

ちなみにこの流れはiphone5でも6でもそうでした。常にXperiaは画素数で上回っています。

 

しかしながら「Xperiaのカメラはiphoneの比じゃないぞ!めちゃいい!!!」ってならない。

 

画素数が倍ですよ?なぜ?

 

それは、

 

「低画素の方が綺麗だから」

 

なんです。

 

これ勘違いしやすいのが、画素数=画質、ではないということ。

 

画素数とはあくまでドットの数なのです。つまりドットの数が1000万より2000万の方が綺麗な写真になる、、、わけないですよね。

 

一般的なパソコンのモニターのドット数は約100万画素です。じゃあ残りは?リサイズされてしまうのです。

 

L版にプリントした場合などは、1000万画素とかより250万画素くらいのデータの方が鮮明にプリントされたりします。

 

つまり「用途によって」画素数は考えれば良い、ということですね。

 

でiPhoneとXperiaの話ですが、

 

要は「小さい撮像素子に高画素を詰め込むと逆に階調で劣る」ということです。

 

前のブログで書きましたが、これらの撮像素子の大きさは35mmフルサイズのカメラの約1/20の大きさです。

 

そんな小さいセンサーに2000万画素とか詰め込んだら、もう画素数の満員電車です。乗車率140%。

 

そうなるとドット自体がめちゃくちゃ小さくなりますよね。小さいってことは光を受ける面積が小さくなるわけで、そうなると階調の豊かさというのは奪われる。結果、半分の1200万画素で階調豊かなiphoneの方が綺麗に写る(というか見える)という風に思っております。

 

つまり「撮像素子の大きさによって最適な画素数ってあるよ」って話です。

 

ちなみにnikonのデジカメの最上位機種、D5(本体だけでウン十万)は2000万画素くらいです。Xperiaと同じですよ。果たして画質の綺麗さは同じでしょうか?そういうことです。

 

画素数に惑わされずに、そんなにいいカメラじゃなくてもいいから、いっぱい撮るのが一番良いですよ☆

 

one love.

 

img_0069-2

(ちなみにこの写真は714×1000で約70万画素ですが、十分綺麗に見えると思いますよん)

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中