僕がフィルムにこだわる理由。

笑えるほど寒いですね。

 

新田です。

 

さて、昨日今日と5時起きで撮影しておりました。

 

まずなんでそんな早いのかって、それは

 

朝の空気でしか撮れない写真があるから

 

に他なりません。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-9

例えばこの写真の光とか、この角度から光が来るのって、季節にもよりますが大体今なら朝8時か夕方16時半くらいかな。

 

でも夕方だと人が街にいっぱいいますよね。

 

朝だと、例えばこれ撮ったのは恵比寿の適当な場所なんですが、会社に行くような感じの人しかいない。

 

だから夜にばーって人がいた場所で、早朝になるとふっといなくなる。そんな場所が、そんな空気が僕が撮りたい感じに一番フィットしてるんです。

 

かつてそこに人がいた場所で、ふっと人がいなくなった場所。そういう場所が一番パワーがある、というのは、リチャード・プリンスの「the girl next door」という写真集でまさにそこをものすごく感じました。

 

そしてもう一つ。

 

撮る側と被写体の間に何もないと考えるか、あると考えるか。

 

一見ないように見えても、でも僕とモデルの間には「空気」があります。

 

スピリチュアル的な意味の「空気」ではなくて、物質としての「空気」です。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8

目にはもちろん見えないけど、「空気」は存在してますよね。

 

で、その空気も丸ごと写そう、写したいって思ったら、

 

データを信号で送るデジではなくて、そのままフィルムで焼き付けるフィルムの方が絶対にいい、そういう理由でこだわって使ってます。

 

もちろんホットペッパーなどに載せる写真はきっちりデジで撮ってます。仕事用はデジですね。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-16

それにしても昨日の朝の光は澄んでて綺麗だったなあ。

 

one love.

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中